脱毛法

剃ったら”チクチク”に要注意

半そでを着る季節になると、腕のむだ毛が気になりますよね。冬の間、長そでを着ていて日焼けをしないから、腕は真っ白なので、黒いむだ毛が目立ちます。
「毛深いな」と男性から思われるきっかけになるのが、腕のむだ毛であることがよくあります。腕は自然と目に留まるところなので、お手入れは欠かさずしたいですね。
腕の脱毛方法はいろいろあります。自宅でも、入浴時にカミソリで剃ってしまったり、電気シェーバーを使うと、簡単に処理することができます。除毛クリームを使ってもいいですね。
ただし、簡単にはできますが、むだ毛が生えてくるのが早い人は、すぐに生えてきて腕がチクチクしてきてしまいます。なので、触ってびっくりされらら大変なので、彼氏のいる人は要注意ですね。

自宅でできる色々な脱毛方法

自分でできる腕のむだ毛の脱毛方法は、まだまだあります。腕のむだ毛は、脱毛しやすいところなので、いろいろな方法で脱毛ができます。
チクチクした感触になるのがイヤな人は、抜いてしまうのがいいです。毛抜きで1本ずつ抜くこともできますが、腕は範囲が広いので疲れてしまいますよね。抜くならワックスや脱毛テープがおすすめで、効率よく脱毛できます。
ただ、抜くという手段は、どんな方法でも痛みがあるのがつらいですね。痛みがなく、チクチクした感触も避けることができるのが、脱色剤です。
むだ毛の色を薄く(脱色)するだけなので、むだ毛は残ったままですが、見た目はとてもきれいになります。いずれの方法にしても、お肌に負担をかけることになるので、脱毛、脱色後はしっかりケアしましょう。

家庭用脱毛器を使ってみよう

もっと本格的に腕を脱毛したい人は、家庭用の脱毛器をおすすめします。使い続けることで、むだ毛が薄くなってくる効果があるので、うれしいですよね。お肌にも負担をかけないので、脱毛器を使うことを習慣づけるといいですね。
さまざまな家庭用脱毛器が販売されていますが、おすすめなのが「Emo(イーモ)」です。使い方が簡単で、とても軽いので、使っていても疲れません。利き手でない方の腕でも、無理なく使えるはずです。
音も静かだから、自分の部屋でこっそり脱毛することができます。また、レベルを10段階も調節できるのが特徴で、痛みを感じたら自分に合うように設定できるので安心です。

自分でできる脱毛法メニュー

自分でできる脱毛法リンク